音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

バケツを活用したボイストレーニング

メディア掲載多数の人気のトレーニング方法!【全額返金保証付き】


これも、割り箸を使った方法と同じように、テレビで採りあげられ、反響を呼んだ音痴矯正法です。

バケツをどのように活用するのかというと、頭からかぶって、その状態で歌を歌うのです。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、自宅でこっそり一人でやる分には問題ありません。

では、なぜバケツをかぶって歌うのかというと、自分の「本当の歌声」を知るためです。

たとえば、録音した自分の声を聞いた時、普段耳にしている声とは違う「別人の声」のように聞こえますよね。

これは、音が伝わるメカニズムに原因があります。

通常、自分の声は、口の中で反響した音が頭蓋骨を通して鼓膜を振動させ、聴神経に伝わっていきます。ですから、自分の耳に届く声は、空気を振動させて周囲の人に届く声とは違った性質のものに聞こえて当たり前なのです。

このギャップを埋めるために、バケツを頭からかぶって歌う方法が有効となります。というのも、バケツの中で声を出すと、自分の発した声が反響して自分の耳に届くため、実際に人に届く自分の声を自分自身で確認しながら歌うことができるからです。

自分の音程や、実際に聞こえている歌声を確認しながら歌うのは、音痴を克服するためにとても重要なこと。普通に歌っているときにはわからなかったのに、バケツをかぶって歌ったらひどく音痴だったことに気づいて愕然としたという知人もいたほどです。

頭では正しい音程を理解していても、実際発声するときにそれを再現できない人は多いもの。それほど音痴を自認していない人も、一度試してみると意外な発見があるかもしれませんね。

ただし、「正しい音程」をしっかり身につけてからでないと、この方法を活用できませんので、その点は注意してください。

一曲歌って、音程をハズしたところ、リズムのとれていないところをチェックし、原曲を聞き直して、繰り返し練習していきましょう。

バケツはちょっと・・・という方は、お風呂に入った際に洗面器で顔を覆って歌ってみたり、ヘルメットがあるならそれを被って歌ったりしても同じ効果が得られますよ。

音痴克服!最新口コミ人気ランキング!

1位 >> たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」 >>click

2位 >> 14日間で音痴を完全克服!メディア掲載多数の【音痴矯正プログラム】 >>click

3位 >> 驚異のカラオケ上達「ボイ・カラ」 ボイストレーニングで音痴を克服 >>click