音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

ビブラートをマスターしよう

メディア掲載多数の人気のトレーニング方法!【全額返金保証付き】


ビブラートとは、歌を歌っているときに、一定の音の高さを保ちながら、音を震わせて歌う技法のことを言います。

演歌などでよく見られる歌唱法ですが、最近はR&B調の歌を歌う歌手などもビブラートをきかせて歌いますし、スローなバラードではビブラートをきかせるとより深みを増し歌になる場合もあります。

音痴克服の基本をマスターしたら、このビブラートに挑戦してみると良いでしょう。表現力が格段にアップします。

専門的な観点から言うと、ビブラートをかける方法は何通りかあります。でも、ここではその中でも比較的簡単にマスターできる方法を紹介しますね。

まず、ビブラートを習得するためには、腹式呼吸を完全にマスターしていることが前提となります。安定したビブラートを採り入れて歌うためには、腹式呼吸による安定した発声が必要となるからです。

腹式呼吸が正しくできているかどうか、今一度チェックしてみてくださいね。

最初は、ロングトーンと呼ばれる長い音を出すことから始めます。腹式呼吸をしながら、自分の音域の中である程度高く、かつ楽に出せる音を選んで、やや強めの音を持続させるように発声してください。

息が続かなくなると、音程が不安定になってくると思います。このとき息継ぎをしたりせず、音程が揺れるのにまかせてみましょう。できれば意識的に横隔膜を上下させ、揺れを拡大させてみましょう。

横隔膜でビブラートをかけるこの方法は、数あるビブラートをかける方法の中でも、一番幅の広い、どっしり響くビブラートがつくれます。聞いている側からすれば、「安心して耳を傾けられる」んですね。

よくある誤解として、「ビブラートはのどを震わせて出すもの」「音程を上下させるもの」というのがありますが、これを真似してはいけません。

こうした「間違ったビブラート」をやっていると、声帯に負担がかかり、のどを痛めてしまいます。最悪、ポリープなどの原因にもなりかねません。
のどではなく横隔膜を震わせる、同じ音程のまま震わせる・・・この基本を守って、練習してみてくださいね。

音痴克服!最新口コミ人気ランキング!

1位 >> たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」 >>click

2位 >> 14日間で音痴を完全克服!メディア掲載多数の【音痴矯正プログラム】 >>click

3位 >> 驚異のカラオケ上達「ボイ・カラ」 ボイストレーニングで音痴を克服 >>click