音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

裏声をマスターしよう

メディア掲載多数の人気のトレーニング方法!【全額返金保証付き】


音痴克服のためには、まず音域が狭く、リズムも単調な曲から練習していくのが基本です。

それがきちんと歌えるようになったら、今度は一段階ランクをあげて、裏声をマスターしてみましょう。裏声が使えるようになると、選曲の幅が広がりますし、表現力も豊かになるため、より歌がうまく聴こえるようになります。

裏声は、ファルセットとも言いますが、聴いている人を気持ちよくさせる効果があるそうです。もちろん、歌っている本人にとっても使いこなせるとかなり気分のいいもの。

ただ、裏声は、きちんとトレーニングしないと、単なる「ひっくり返った声」にしか
聴こえず、音程がハズれているようにしか受け取られない危険があります。

地声で歌うよりも、のどの筋肉や腹筋を意識して使い、声を共鳴させなければいけないのでしっかりトレーニングしてから、カラオケで実践するようにしてくださいね。

震えたり、かすれたりせず、裏声を上手に出す際のポイントは2つあります。

1.腹式呼吸をしっかりすること。高いキーになるほど体に力が入り、咽喉を絞りがちですが実際は逆にリラックスして、お腹から声を出すように心がける必要があります。

2.姿勢も大事です。イメージすればわかると思いますが、裏声は頭頂部に抜ける声ですので、上に向かって発声する必要があります。あごを少し前に出すようにして、視線も上向きにしてみましょう。そして口は横に開いて、息が漏れないように、鼻の奥に共鳴させる感じでやってみてください。

裏声の練習に最適なのは、ハ行の発声練習です。ハ行はもともと、息の抜けてしまう発声なので、裏声に近いものがあります。

そこで、自分が練習しようとする曲のキーをわざと上げて、すべてハ行の裏声で歌う練習してみると、裏声の感覚がつかみやすくなります。決してリキまず、軽く歌うのがポイントです。

裏声をマスターし、実際に歌う際に気をつけたいのは、裏声から地声に戻る際のポイント。原曲をしっかり聴いて、どこで地声に戻すかしっかり頭とからだに叩き込んで、歌ってくださいね。

音痴克服!最新口コミ人気ランキング!

1位 >> たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」 >>click

2位 >> 14日間で音痴を完全克服!メディア掲載多数の【音痴矯正プログラム】 >>click

3位 >> 驚異のカラオケ上達「ボイ・カラ」 ボイストレーニングで音痴を克服 >>click