音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

カラオケの採点で高得点を出すコツ

メディア掲載多数の人気のトレーニング方法!【全額返金保証付き】


カラオケボックスに導入されている機械には、「採点機能」があります。
これは音痴を自認する者にとっては、大変迷惑なものでもあります。

歌に自信のある友人とカラオケに一緒に行ってしまうと、「よし、みんなで勝負しよう!」
なんてことになりかねません。

でも、恐れることはありません。カラオケの「採点方式」を頭に入れて
それを外さず歌えば、必ず高得点が出せます。

「勝負しよう!」と言われて勘違いしてはいけないのは、対戦相手と戦うのではないということ。あなたが戦うべき相手はカラオケの機械です。というよりも、戦う必要などないかもしれません。カラオケに「従順」に歌えば、高得点が叩きだせるのですから。

というのも、基本的にカラオケの採点は、楽譜のそのまま歌えているかどうかを判断しているからです。最近の採点システムでは、こぶしやビブラートなどの採点基準を取り入れているものもあるようですが、基本は従来どおり、リズムや音程がとれているかどうかがメインとなります。

また、覚えておいて欲しいのは、カラオケの採点は「減点方式」で行なわれてということ。
最高が100点で、そこからミスした分だけ得点が引かれるのです。ですから、曲はなるべく短いもののほうが得になります。たとえミスをしたとしても、減点される機会自体が少ないですからね。

楽譜どおりに歌うために一番重要なのは、音程をはずさないこと。そのために気をつけたいのは、感情を込めて歌いすぎないことです。感情をこめることで、余計なこぶしがきいたり、リズムがアレンジされたりするケースはよくありますよね。実は、プロの歌手も、楽譜どおりではなく、このように「遊び」を持たせて歌うことで上手く聞かせているのですが、カラオケで高得点を出すには一切そのような工夫は不必要となります。プロの歌手が自分の曲を歌って100点を出せないというのは、そこにカラクリがあったわけです。

採点システムには、「表現力」という項目はありません。あくまで音程をしっかりとって歌っているかどうかを、それこそ「機械的に」判断するだけなのです。その意味で無情とも言えますが、音痴の人にとってはある意味、チャンスでもあります。

まとめると、なるべく短い曲で、音域が狭く、シンプルなリズムの曲を選んで、楽譜どおりに歌えるようにしっかり練習すれば、音痴の人でも100点を出すことも夢ではありません。

ロックやレゲエ、ラップなどリズムの複雑なもの、裏声やこぶしは必要な曲、アップテンポな曲を避け、自分にマッチした歌を見つけてくださいね。

音痴克服!最新口コミ人気ランキング!

1位 >> たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」 >>click

2位 >> 14日間で音痴を完全克服!メディア掲載多数の【音痴矯正プログラム】 >>click

3位 >> 驚異のカラオケ上達「ボイ・カラ」 ボイストレーニングで音痴を克服 >>click