音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

音痴克服@情報館 -カラオケ上達への道のり-

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

音痴と呼ばれる3つのタイプ

音痴を指摘されたり、自覚したりするのは、どんな時でしょう?

「音程がハズれる」「リズムがとれない」「声が出ない」…音痴 の要素はいくつかありますが、一口で定義すると、「曲の音程や リズムが把握できず、歌うことが困難なこと。また、その歌が 他人に非常に不快に聞こえてしまうこと」と言えます。

でも、楽譜どおり完璧に歌うことは、トレーニングを積んだ人でも とても難しいことですし、完璧な歌が人の心を揺さぶるとも限りま せん。

プロの歌手の中にも、決して歌が上手いとは言えないけれど、 「この人の歌って聞いていて心地いい」という場合があると 思います。たとえ多少リズムや音程がズレても、「聞いていて 不快にならない」範囲なら問題ありません。

もし自分が音痴か気になるようなら、親しい友人とカラオケに 行った時などに率直な意見を聞いてみるといいかもしれませんね。

音痴になる原因は、大きく分けて3つあります。

一つ目は、「歌を歌うことや音を聞き分けることに慣れていない」 タイプ。これが一番多いと思いかもしれません。自分が歌って いる時に、音程やリズムがずれていると認識できるから、このタイ プに当てはまります。

二つ目は、「音程やリズムはきちんと聞き取れるのに、それを曲に 乗せて歌うことができない」タイプ。人前で歌うという行為に、極度に緊張してしまい、苦手意識が強くなっているようなら、このタイプに当てはまります。

そのほか、聴覚に問題があり、正しい音程が脳に伝わらないケースもあります。この場合は、残念ながら、トレーニングだけでは克服が難しいですが、その他2つのタイプなら、音に慣れ、歌う場数を増やしていくことで音痴を克服することが可能です。

このサイトでは、音痴克服のための具体的なトレーニング法から人より歌が上手いと思わせるワザを紹介していますので、是非参考にして実践してみてくださいね!

また、以下に多くのメディア等にも取り上げられいる人気のトレーニング方法をご紹介しておりますので、合わせてご参考にして頂ければと思います。

[リンク]>>都立病院の薬剤師求人が見つかるランキング!